HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記ブログ・心身共に洗われるラグジュアリーなひと時。

この記事は「HOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテル ザ 三井京都)」の宿泊記です。

 

・お部屋
・朝食
・レストラン
・スパ
・フィットネスetc……

 

宿泊前に押さえておきたい基本的な情報を全てまとめました。
併せて、HOTEL THE MITSUI KYOTOがより楽しくなる過ごし方についても触れたいと思います。

実際に宿泊した体験をもとにしているので、ぜひご参考ください!

\宿泊にはマリオットアメックスを利用/

マリオットアメックスカードを利用すると、通常予約よりもお得な特典を受けられることができます。

・お部屋の無料アップグレード
・レイトチェックアウト
・レストランの飲食代オフetc……

ちなみに、現在キャンペーン中の紹介制度を利用すると公式より6000ptも多くポイントを獲得できるので断然お得です。

当記事から申し込んだ場合、どこよりもお得な紹介制度をご利用いただけます。

メールアドレス、もしくはラインからご紹介致します(どちらか片方でOK)。

メールアドレスの送信はこちら↓
  

     

    ・自動返信メールにて紹介URLを1分以内にお送りします。
    ・迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性があります。

    ラインはこちら↓

    友だち追加
    ・追加後に自動で紹介URLをお送りします。
    スマイル

    この記事の紹介制度を利用すると公式より6000ポイントも多く獲得できるよ!マリオット系列の高級ホテルに無料で宿泊できるチャンス☆

     

     

    HOTEL THE MITSUI KYOTO宿泊記

    はじめに宿泊した感想を一言。

    「このホテルに来て本当によかった、また必ず訪れたい」1度でなく、何度もそう感じるホテルでした。
    滞在中に“また訪れたい”と感じさせるホテルは多くありません。

    再訪を誓わせるのは建物の美しさとスタッフの存在。
    どちらか片方だけでなく、この2つが心地よく調和しているからだと感じました。

    エントランスは必見

    こちらがHOTEL THE MITSUI KYOTOのエントランス「梶井宮(かじいみや)」。

    この堂々とした立派なエントランス、ホテル好きの方はどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。

    この門は、かつて三井総領家も所有しており、300年の歴史があります。
    現代の名工によって蘇り、ゲストを迎え入れる表玄関として存在しています。

    こんな予備知識があっても、いざ目の前にすると迫力があり、周りの空気が凛と整っているのを肌で感じました。

    風になびく暖簾がなんともカッコいい。

    堂々とした門とはうらはらに、車を寄せると、スタッフの方がそれは丁寧にやわらかく出迎えて下さいました。
    ラグジュアリーホテルでありながら気取った様子が全くなく、ほっと気持ちがほどけていったのをよく覚えています(もうこの時点で心を掴まれてしまった、ファーストコンタクトって大切ですね)。

    朝早い時間は出入りする人も少ないので、その立派な姿を思う存分、心ゆくまで撮影することができます。
    ※筆者は朝食前にお散歩がてら撮影しました!

    京を感じながら素敵なロビーでチェックイン

    素敵なエントランスを越え、ちょっとした中庭を抜けホテルの中へ入ってみると美しいロビーが現れます。

    ロビーの向こうには水盤を持つ中庭がゆったりと広がります。

    美しい光景に旅の疲れが癒え、日常から切り離されたような深い癒しを感じます。
    何度も写真で見ていたのに、いざ目にすると想像以上の美しさで圧倒されてしまいました。

    椅子に座り、一息ついているとあたたかいおしぼりとお茶、かわいらしいお菓子が運ばれてきました。

    和紙の包みが味わいがあっていいですよね。青い小皿も素敵です。
    こちらをいただきながら、チェックインの手続きを済ませます。

    素晴らしいホテルを訪れた時ほど、チェックインの手続きの間、どんどんワクワクが高まっていく感覚。それは、筆者だけではないように思います。

    素敵なホテルは“何かを期待させる”そんな空気のようなものが流れているよう感じます。

    チェックインを済ませ、ワクワクを抱えながら本日のお部屋へ。
    ホテルロビーと客室をつなぐ通路。HOTEL THE MITSUI KYOTOは共用部の美しさも宿泊者を魅了する一部です。

    太陽の入り方まで計算されているのだと思います。
    この通路、通るたびにワクワクしてしまいました。

    お部屋は二条スイートに宿泊

    今回、予約したのは最もリーズナブルなお部屋でしたが、マリオットアメックスの特典により二条城が見える「二条スイート」にアップグレードしていただけました。(通常予約だと1泊20万円以上…‼)

    スイートなので、「リビングエリア」・「ベッドエリア」・「バスエリア」と大きく3つにわかれます。
    それぞれを写真とともにご紹介します!

    リビングエリア

    こちらがリビングエリア。

    二条スイートは全112平米のお部屋です。リビングだけでもかなりの広さ。
    全体がアースカラーでまとめられ、木のあたたかみを感じます。

    中央にどっしりと置かれた木のテーブルのインパクトたるや。

    荒々しい雰囲気にもなってしまいそうなところ、穏やかな雰囲気にまとまっているのは、単純に広いという理由だけでないように感じます。
    自然な優しい色合いでまとまっているからでしょう。

    ナチュラルカラーでまとまっていると、チープな印象を受ける場合もありますが、洗練されていて安っぽくありません。

    デスク周りにはちょうどいいところにコンセントがあって機能的です。

    ウェルカムギフトは金柑・マカロン・おせんべい…なにやらたくさんありました。

    お菓子を見つけたらコーヒーが欲しくなりますよね。
    ミニバーをチェックしてみましょう。

    ちょっと驚いたのは引き出し式の天板です。

    これ、すごく便利でした!

    ミニバーのあたりって色々置かれていたりするので、ちょっと手狭でグラスやカップを落としそうになって冷や冷やすることがあるんですよね。その点、天板があると安心して飲み物が作れます。

    素敵なグラスのセットがあるので、お部屋で自分好みのお酒を作って楽しんでもいいですよね。
    お水・コーヒー・紅茶以外のドリンクは有料です。

    コーヒーを淹れて窓際の特等席へ。

    二条スイートはリビングもベッドエリアも窓が大きく、お部屋のどこにいても景色を楽しむことができます。

    このお部屋の名前にもなっている「二条城」。お部屋の中から眺めるのは不思議でとても贅沢な気持ちになれました。

    ベッドエリア

    続いてベッドエリアをご紹介します!

    ベッドエリアはリビングのすぐ隣。

    リビングの雰囲気を受け継いだやわらかなカラーでまとまっています。
    ベッドエリアもゆったりした広さで、ここだけでもお部屋としてもう十分では……と思ってしまうほどでした。

    窓際にはデスクとサイドテーブルも備わっています。

    デスクの上にはこんなおもしろいセットが。

    お習字セット。
    ここで京都の町を眺めながら、思い思いに筆を走らせるのも良い思い出になりそうです。

    ベッドエリアからのほうがより近くに見える二条城。

    宿泊したのは2月のこと。観光客らしき姿が少ない時期。行き交う車や自転車、通りを歩くまばらな人影……日常の京都の姿。

    新しい一面を知ったようで何とも新鮮な気持ちに。静けさの中にある京都もこれはこれで素敵。

    バスエリア

    最後にバスエリアをご紹介します。バスエリアはベッドエリアのすぐ隣。

    スイートのバスエリアはベッドエリアの隣にあることが多いですが、この造りは使い勝手が良く◎です。

    入ってすぐ右手にドレッサーがありました。

    ゆったりした大きさで引き出しつきのドレッサー。

    二条スイートのバスエリアはこれまで宿泊したホテルの中で上位3つに入ると思える使い勝手の良さでした。
    その理由がこのドレッサーエリアです。

    「広い」・「引き出しがある」・「コンセントつき」・「拡大鏡もある」あったらいいな!が全部つまっているこの感じ。

    おまけに引き出しの中にドライヤーまで入っていました!
    洗面台のほうにもドライヤーがあるので、この部屋には2つドライヤーがあります。
    2つあるとお子様連れの時なんかすごく便利ですよね。

    ひとつ難点があるとすれば照明が少し暗いことくらい。それ以外はパーフェクト!

    ドレッサーの奥がクローゼット。この導線もすごくよかった。

    身支度して着替えて…といった朝の慌ただしい作業がスムーズに完了します。

    続いてウエットエリア。

    洗面台は2つ。
    提灯が下がっているような。お城のような。石と黒を基調にした京を感じるデザインです。

    洗面台の中央にある黒い桶のようなものが目を引きます。
    この中身はアメニティ。

    こういう小さいところに遊び心や、こだわりを感じるとお部屋への満足度があがるように感じます。
    アメニティの種類は必要なものがひと通り揃っています。
    特に珍しいものはなかったので詳細は割愛。

    バスルームは洗い場つき。

    石造りのバスタブでちょっと暗めに感じましたが、入ってみるとちょうどいい暗さで落ち着きます。
    テレビがあるので退屈しませんね。

    バスタブの中に段差があるので半身浴にももってこいです。けっこう深さがあるのでお子様連れは気をつけたほうがいいかも。

    あとは石の特性なのかお湯が冷めにくい気がしました。
    熱めに入れ過ぎてしまい、冷ますのに苦労したので温度管理に注意。

    バスソルトが備え付けてあるので、よく汗がかけてスッキリ。
    何か香りがついてるのかな?と思いきや無臭のタイプです。

    シャンプー類はオリジナルのもので、自然なウッド調の香り。ここでしか手に入らない特別感があります。

    マットな質感の容器もかっこいい。バスルームの雰囲気に合ってます。

    おまけ…ターンダウンのサプライズ体験

    普段はあまりターンダウンを利用しないのですが、今回の宿泊ではお願いしてみました。

    ベッドルームがきれいに整っているとほっとします。

    枕元にお水とお菓子。ターンダウンの際に添えられるお菓子はチョコレートが多いですが、立派なガレットとフロランタンが置いてありました。


    翌日のおやつになりました。これがもらえるだけでターンダウンをお願いして良かったとすら思う。

    驚いたのはこちらです。

    充電器を差しっぱなしにして出かけてしまったんですよね。無造作に散らばったケーブルがきれいにまとまっていたのです。

    「こんなにしてもらっていいんですか…」

    サプライズというほど大袈裟なものではないかもしれませんが、予想外でちょっと感激した体験です。嬉しかったので、バンドは大切にお持ち帰り。

    こんな経験をするとまた訪れたくなってしまいます。

    清々しい中庭散策はフォトスポットも見逃せない

    HOTEL THE MITSUI KYOTOを語るうえで中庭は外せません。

    公式でもこのようにメインを貼る写真として使われています。

    この中庭は朝と夜とではまったく違った表情を見せてくれます。

    朝の中庭

    夜の中庭

    朝は太陽の光できらきら光る水盤、流れる風、清々しく心が洗われるようです。
    朝食前か後、早めの時間に歩くのがおすすめ。人が少なく、ゆったり静かに庭園を味わうことができます。

    夜は暗闇に浮かび上がるようなホテルの姿を楽しむことができます。
    闇を舞台にしたかのようなHOTEL THE MITSUI KYOTO。
    夜はあまり人がいないのでゆっくり眺めることができました。

    HOTEL THE MITSUI KYOTOの朝食

    「HOTEL THE MITSUI KYOTOの朝食は美味しい!」その噂は本当でした。
    噂通りの期待を裏切らない朝食をご紹介します!

    洋食と和食の2種類

    朝食は洋食が3種、和食が1種。アラカルトもあります。

    和朝食がおすすめ

    「HOTEL THE MITSUI KYOTOの朝食がおいしい、特に和朝食がおいしい!」
    そんな噂を耳にしていたので、和朝食を選択しました。

    食事が運ばれてくる前に、ドリンクをいただきます。

    マンゴーのスムージーと甘酒。
    スムージーの量が多くて驚きました、なかなか見ないサイズです。
    甘酒は飲みやすく、これなら苦手な人でも飲めるんじゃないかな。

    スムージーが2種類、他にもフレッシュジュースが3種類ほどありました。

    こちらが和朝食。

    驚くことに、焼き魚を3種類から選ぶことができます。(この時は銀だらの西京焼きにしました)
    焼き魚の種類まで選べるところは珍しい。

    朝から揚げたてのサクサクの天ぷらがいただけたり、小鉢の量が多く充実しています。
    お味噌汁も煮物も出汁が感じられて美味しい…。京都がぎゅっとつまったような和朝食。

    嬉しかったのがこの谷井農園のいわゆる高級梅干し。
    ほんのり甘くて酸味がまろやかでとても美味しい梅干しでした。

    和朝食は脇役の質の善し悪しが満足度を左右する気がします。

    京都らしさを感じられるという意味で、初めてなら和朝食を選ぶのがおすすめです!

    焼きたてクロワッサンはお腹いっぱいでも食べて欲しい

    朝食をいただいたレストランFORNIにはピザを焼くための窯があります。
    その窯で焼いたクロワッサンは朝食時のみいただくことができます。(和朝食を選んでも食べられます)

    小ぶりなクロワッサン。一見なんの変哲もありません。

    が…
    これが、サックサクかつ豊かな風味でそれはそれは美味しいのです。
    あの仕上がりはきっと窯じゃないとできないのでしょう。

    ジャムとはちみつはホテルのオリジナル。

    必要最低限のお砂糖しか使っていないような、フルーツ感の強いジャムでした。
    賞味期限も短く、余計なものが一切入っていない感じがします。

    クロワッサンにつけても重くならない、上品で軽やかなジャムも是非試してみて欲しいです!

    朝食後のお楽しみ

    時期によるのかもしれませんが、出入口にこんな可愛いドーナツとコーヒーマシーンがありました。
    「お部屋に持ち帰ってどうぞ…」ということで、もちろんお言葉に甘えて。

    お部屋に戻ってのんびりいただきました♪
    ふっくらもっちりとしたドーナツでとても美味しかったです。特に左のストロベリー。

    カップにもホテルのロゴが入っていてかわいい。

    HOTEL THE MITSUI KYOTOのレストラン

    ホテル内には3つのレストランがあります。
    今回は「結一」と「FORNI」を利用しました。

    結一(日本料理)

    <場所>
    1階
    <営業時間>
    11:30 – 14:30

    結一ではランチを利用しました。
    ランチボックスの『松花堂』、これに黒毛和牛のポワレがついたメニューを選びました。
    ※ランチボックスのみのメニューもあります。

    ドリンクはミモザを。

    ミモザが押しっぽかったので頼んでみたのですが…
    シャンパンを割る生絞り果汁を4つの中から選べる贅沢なものでした。

    甘みが強いということで清美オレンジを選択。これまで飲んだミモザの中で1番美味しかったです。

    ここからは食事のメニュー。

    最初に出てきた椀物がお出汁の効いた白みそ仕立てでほっとさせてくれました。
    「京都に来たな」と感じさせてくれる一品。

    炙ったほたての風味がよくてもう一杯飲みたいほど。

    こちらがランチボックス。少しずつ色々食べられていいですよね。

    一品一品が凝っていて美しいです。

    黒毛和牛のポワレ

    お肉つきにしたので、お弁当仕立てで物足りないかな?と思いきやきちんとお食事した気分になれました。お肉なしだと男性は少し物足りないかもしれません。

    最後にワゴンに乗ったデザート。

    「好きなのを1つ選ぶ感じかな?」と思いきや、「1つでも2つでも、全種類どうぞ!」と!!

    お言葉に甘えて全種類!

    お皿じゃなくて木の台に乗ってるのも雰囲気が出て可愛いです。
    ちょっとアフタヌーンティーをいただいてるような気分になれました。

    中庭を眺めながら、ゆったり甘いひととき。
    お腹も満たされ幸福感に包まれました。

    FORNI(イタリアン)

    <場所>
    1階
    <営業時間>
    朝食 7:00 – 10:00(L.O.)
    ランチ 11:30 – 14:30(L.O.)
    ディナー 17:30 – 21:30(L.O.)

    朝食会場になっている「FORNI」ではディナーを利用しました。店名の“FORNI”はイタリア語で“窯”を意味します。その名の通り、このレストランの売りは窯焼きのピッツアです。

    選んだのはのコースです。
    前菜・パスタ&リゾットまたはピッツア・メイン・デザートの全4品です。

    シェフからのプレゼントのニョッキ。このニョッキもちもちでもっと食べたいくらい美味しい。

    前菜。蟹のタルタル仕立て。

    他のメニューとのバランスを考えてこれにしましたが、他のにすれば良かった…というのが正直な感想です。ちょっと蟹の風味が弱かった(汗)

    メインはサーロインの窯焼き

    窯で焼いたサーロイン初めて食べました。香ばしくてジューシーです。

    お待ちかねのピッツア!!
    ピスタチオとドライトマト。ちょっと珍しい組み合わせを選んでみました。

    窯でちゃんと焼いているだけあって生地が美味しいです。チーズもこぼれるほどたっぷり。
    もうかなりお腹いっぱいなのに、あっという間に食べてしまいました。

    次はもっとお腹を空かせてスタンダードなマルゲリータを食べてみたい!

    最後のデザートは紅茶のティラミス。

    「紅茶じゃなくて普通のがよかったな…」と思いきや紅茶がしっかりしみ込んだティラミスは「これはこれであり!」不思議と違和感なく馴染んでいます。

    コーヒーと小菓子。
    このビスコッティ、ざくざくしててとてもよかった。

    ピザとデザートが特に美味しかったので次はアラカルトでいただいてみたいです。
    そんなわけで、こちらのレストランはコースよりもアラカルトのほうがいいかな……というのが個人的な感想です。

    雰囲気もいいのでデートでも使えそうなイタリアンです。

    HOTEL THE MITSUI KYOTOのスパ

    HOTEL THE MITSUI KYOTOの目玉(?)のスパ施設をご紹介します。

    サーマルスプリングスパ

    水着のまま楽しめる温浴施設。

    今回は利用しなかったので公式より写真をお借りします。

    公式には以下のように記されています。

    山紫水明の都、京都。当ホテルの敷地の地下に湧く温泉をお楽しみいただけるSPAエリアがHOTEL THE MITSUI KYOTOの誇る「サーマルスプリングSPA」です。「静謐を湛える」のコンセプトのもと、上質な静けさと水に包まれた空間が日常を離れたひとときへと誘い、最上の癒しとくつろぎをご堪能いただけます。

    「時」「音」「光」「香」「水」、5つのテーマが織りなす空間が五感を心地よく潤し、新たな自分と出会う旅をよりいっそう豊かに彩ります。

    公式サイトより引用

    最上の癒しと寛ぎ、新たな自分と出会う旅……次回の宿泊では是非体験してみたいです。

    スパトリートメント

    サーマルスプリングは利用しませんでしたが、スパトリートメントを受けました。

    トリートメントエリアは照明が落ちてとても静かで「これから寝るぞ~ほぐされるぞ~!」という気持ちが高まります。

    こちらが施術を受けるお部屋。

    お庭が見えてとっても素敵です。

    お部屋の中にパウダールームが備えられ、ここで着替えをしたりシャワーを浴びたりできるようになっていました。とっても便利。

    お茶をいただきながらコースを選びます。

    足湯を受けてそのままベッドで施術を受けました。

    筆者が選んだはゆったりしたアプローチで癒し効果の高いもの。
    あっという間に眠りについてしまい、目が覚めた頃には体がスッキリと。特にヘッドマッサージが気持ちよく、顔のむくみが取れたのか目が大きくなっていました……!

    こちらはたしかな技術のあるスパです。
    ホテルのスパなのでそれなりのお値段はしますが、自分へのご褒美やプレゼントする価値あり。

    HOTEL THE MITUI KYOTOフィットネス

    <場所>
    地下1階
    <利用時間>
    24時間

    フィットネスは24時間利用できます。広くはありませんがひと通り揃っています。

    ランニングマシーンは便利な機能がたくさんありました。
    YouTubeにアクセスできるので、運動中も退屈する心配なし!

    HOTEL THE MITSUI KYOTOに宿泊した感想

    このホテルは建物の美しさと、そこに流れる凛とした空気。
    それに比べて、接客は驚くほど柔らかでほどよく気さく。細部まで目を配っている細やかさを感じます。

    それが居心地の良さに繋がっているように思います。

    身を置くと心身ともにデトックスされるような洗われるような感覚。
    四季折々の表情を見せてくれる中庭の景色が変わる頃に是非また訪れてみたいです。

    HOTEL THE MITSUI KYOTOの概要

    〒604-0051
    京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町284

    ・地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口徒歩3分
    ・地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅 2番出口徒歩10分
    ・京都駅からホテルまで車で約15分

    \宿泊にはマリオットアメックスを利用/

    マリオットアメックスカードを利用すると、通常予約よりもお得な特典を受けられることができます。

    ・お部屋の無料アップグレード
    ・レイトチェックアウト
    ・レストランの飲食代オフetc……

    ちなみに、現在キャンペーン中の紹介制度を利用すると公式より6000ptも多くポイントを獲得できるので断然お得です。

    当記事から申し込んだ場合、どこよりもお得な紹介制度をご利用いただけます。

    メールアドレス、もしくはラインからご紹介致します(どちらか片方でOK)。

    メールアドレスの送信はこちら↓
      

       

      ・自動返信メールにて紹介URLを1分以内にお送りします。
      ・迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性があります。

      ラインはこちら↓

      友だち追加
      ・追加後に自動で紹介URLをお送りします。
      スマイル

      この記事の紹介制度を利用すると公式より6000ポイントも多く獲得できるよ!マリオット系列の高級ホテルに無料で宿泊できるチャンス☆